「転売は悪か否か」転売とせどりの違い、日本最大の転売ヤーとは?

転売とせどり。
似たようなものだし、やってることは基本一緒。
特別な資格や市場でなく、誰もが買える商品を、どこかで安く買って、どこかで高く売ること。

せどり

ブックオフなどの古本屋で安く買い、ヤフオクなどで高く売る。
せどりという言葉が出てきた頃は古本の転売がメインだったので、本の転売=せどり、という風に思っている人もいる。
ただ、本に限った言葉ではないし、転売は転売。

転売

価格差の取れる市販品やプレミアがついて高く売れる限定品などを買い占めてヤフオクやメルカリ、アマゾンなどで売ること。
やってることはせどりと一緒だけど、せどりより規模が大きい。

筆者がやってるのは「転売」ですが、人によって「それはせどりだ」と判断するかもしれないですね。ま、どっちでもいいです。

マスク転売はせどりとは言わない。大量に買い占める、規模の大きさから、転売という言葉が適するのかと思う。

転売は「悪」みたいなイメージを持っている人もいる。せどりは転売ほど悪なイメージはないかもしれないけど、「せこい」とか「儲からない」という風に捉えている人もいる

転売は悪なのか?

マスク転売は違法になってしまったので、これは悪いこととされる。
しかし、物の値段は需要と供給で決まるわけで、マスク転売にしても、違法になる前は絶対悪とも言えない。

一番くじの転売。これも、人気があるから価格がつく。興味がない人には「そんなフィギュアとかどうすんの?いらないよ」な物だけど、欲しい人が高値でも買うもんだから、その値段になってしまう。

ちなみに筆者は、マスクの転売はやってないけど、マスクゴムは転売してました。これは悪か?ってなると、どうでしょうかね。買ってくれた人は、総じて「どこにも売ってなくて探していました。買えてよかったです。」という反応でした。

転売はなくならない

日本最大の転売ヤーが合法的存在である以上、転売という稼ぎ方がなくなることはない、と思っています。

日本最大の転売ヤー、それは商社です。

商品を大量に仕入れ、大量に売ってます。
自らは何も作りません。
大量に仕入れ、大量に売り、利ザヤを取るビジネスです。
もちろん、そんな単純なものではないですが、他人の作った商品を、何も手を加えず、右から左に流すのが基本です。そして、めっちゃ大規模で、めっちゃ稼いでます。

そんな稼ぎ方が、大企業はよくて一個人だとダメ、ってのはおかしいですよね。

一個人でもやっていいんです。やるべきです。
ただ、長く続けるには、大企業ができないやり方を確立する必要があります。
と言っても難しいことではなく、例えばメルカリやヤフオクで売るってのは、大企業はやりませんよね。そういう一個人ならではのルート、販路を見つけるんです。

転売は悪か否か?を考える暇があるなら、稼ぐ方法を探そう。

法に触れなければオッケー。
そして、商社が示すように、小規模で単純な転売ヤーから抜け出せば、そうそう簡単に悪とか言われる対象にもならないです。

シェアする