Windows DVDメーカーでファイナライズされてない場合の対処法

ビデオカメラで撮った動画をDVDに、というのはよくある話。

こんなときは、カメラに付属しているソフトを使うのが一般的かと思うのですが、そうでない場合も多々あります。

手持ちの動画をまとめてDVDにしたいとか、他の人が撮影した動画をDVDにしたいとか、カメラの付属ソフトが読解ってしまった場合など。

で、こんなときはDVDオーサリングツールを使います。手持ちの動画をDVDにまとめて焼けるソフトです。メニューも作れます。

DVDオーサリングツールには色々ありますが、Windows7に標準添付されているWindows DVDメーカーというのがあります。これが結構使いやすく、テンプレも結構な種類があり、標準添付のソフトとしては十分すぎる使い勝手です。(Windows DVDメーカーは、画面左下のウィンドウズマークのボタン>すべてのプログラム、の中にあります。)

そして焼いてみた。

スムーズに焼けました。こんがりと・・・

・・・。

before

あれ?
残り容量が表示されているではあーりませんか。
追記可能になっている=ファイナライズされてない状態。
これではPCでの再生は可能でも、一般的なDVDプレーヤーでは再生できない可能性大。

これをファイナライズしてやればいいのだけれど、Windows DVDメーカーにはそのような項目がない。
自動でファイナライズされるらしいのだけど、されてない。

マイクロソフトの
CD または DVD を閉じる、または最終処理する
を読んでみたものの、[セッションを閉じる]のボタンが見当たらない

標準添付なのに何じゃこのトラップは!

で、解決法。

他のソフトを使ってファイナライズする。

使ったのはB’s Recorder GOLD。

ディスクをセットして、
編集>セッション情報の読込み>ディスクを閉じるにチェックを入れる>書込ボタン

シュイーンと書き込んで終了。

after

空き容量が0になってます。これでオッケー。

他に試してみたこと

フリーソフトでファイナライズができるというReadDVDRを試したんだけど、タイトルが見つかりませんと表示され、セッション情報を読み込めなかった。ファイナライズのボタンも押せなかった。

DVD Decrypterは、メニューのTools>Drive>Close>disk、という項目はあったんだけど、エラーが出て動かず。

DeepBurnerにはそういった項目はなかった。

シェアする